アドバンスコースのカリキュラム

ベーシックコースで一通りのアニメーション技術を学んだら、アドバンスコースでさらに磨きをかけましょう!
アドバンスコースではキャラクター模写や指定された絵を描く技術を学ぶことができ、実際の商業アニメーションにも活かすことができます。

トレス(8コマ)

・より精度の高い線を引く技術の習得
ベーシックコースでもトレスの練習をしましたが、さらに訓練して商業アニメーションで使用するのに通用レベルまで精度を高めていきましょう。

パース(2コマ)

・指定された角度からの室内の作画
ベーシックコースで学んだ技術を生かして、指定された絵を描く技術を学びます。
狙った絵を描けるようにするために役立つ技術なので「私は自分の絵を描きたいだけだから、描く絵を指定される機会は別にないんだけど……」という方にも便利!
・提示された画面を正しいパースで描画する
パースが狂った状態の絵を正しいパースで描き直すことで透視図法の技術やアイレベルの知識が正しく使えているか確認します。
これができるようになればパースの勉強はバッチリです!

キャラクター模写(2コマ)

・似せる技術の要点を学習する
アニメーターはキャラ表の設計に合わせたキャラクターをたくさん描かなくてはなりません。
アニメを作るわけじゃなくても描く度にキャラクターの顔や背丈、等身が変わってしまうと統一感がなくなってしまいます。
また、似せる技術はパースとは違った意味で狙った絵が描けるようになる技術です。
ここでは作画監督直伝のキャラクターの似せ方の技術を学び、表現力をつけていきましょう!

LO(レイアウト)作成(4コマ)

・絵コンテを読み解きLOを作成する
ベーシックコースで学んだ第一原画の中でも、特に重要なのがLO(レイアウト)です。
このレイアウトが使えるものでないと、背景からキャラクターまですべて描き直し!なんてことにもなってしまいます。
設計図をもとに改めて描き起こしをすることで整理して絵を描くことができるようにもなる便利な技術なのでしっかり習得していきましょう!

第一原画(5コマ)

・絵コンテをもとに第一原画を作成する
実際に第一原画を作成します。
絵コンテを読み解き必要な芝居やカットの要点に気を付けながら作画作業を行い、基礎的な原画技術を身に着けます。

アニメーション制作(12コマ)

・アドバンスコースのまとめ
これまでで身に着けた技術を駆使して4カット分のアニメーションを第一原画から動画まで作業します。
これまでのコースと同様に出来上がった動画は白箱としてお渡しします!
他のコースのカリキュラムはこちら
エレメンタリーコースのカリキュラム
エレメンタリーコースでは初めてアニメーションの作り方を学ぶ方に向けたカリキュラムが用意されています。 「そもそもアニメーションってどうやって作られてるの?」という方にもアニメーションの基礎力を身に着けることができます! トレス(3コマ)...
ベーシックコースのカリキュラム
エレメンタリーコースで簡単なアニメーションが作れるようになったあなたには、ベーシックコースでより実践的なアニメーション技術を学んでいただくことができます! ベーシックコースでは原画の作成の仕方や、原画を描く際に必要なパースの技術をレクチャ...
プロコースのカリキュラム
プロコースはアドバンスコースよりさらに一歩踏み込んだ、本格的にプロアニメーターを目指すコースです。 通信式のコースとは違い、スタジオ・ルナに来校してアニメーション技術を学習していきます。 プロコースのカリキュラムは通信コースの内容と重複...
料金と申し込み方法はこちら
料金と受講までの流れ
通信コースの料金について コース コマ数 コマ単価 料金 エレメンタリーコース 12 4,100円 50,000円 ベーシックコース 32 5,000円 160,000円 ...
タイトルとURLをコピーしました